進化したうおばさみ〜シマノ ライトフィッシュグリップ

先日の釣りでは、魚つかみ(フィッシュグリップ)を忘れました。
そして 投げ釣りではとりわけ、魚を挟むグリップタイプ の魚つかみが必要です。
これまでの釣りでは200円くらいの、安物を使ってきたし、まぁそれでもできなくはないのですが、ハサミの部分を開いたら、開きっぱなしだったのです。
きっちり閉じるものにしたかった。
そして安物はハサミのギザギザがダメ。
投げ釣りではカレイ、ベラ、マゴチ、メゴチなんかのヌメリのある魚が多い。
一方で、金属製もだめ。タチウオバサミと呼ばれてるタカ産業のやつが掴むだけなら優れてる。金属製がもっとも快適に魚を掴めるが、鋭利なので、魚を傷つけてる気がする。それに、かさ張るのと、重いので。携行性にかける。
そのためアマゾンで「シマノライトフィッシュグリップ」をポチる。1080円くらいだった。
この通りしっかり開くし、しっかり閉じられる。しかし、バネが弱いのか、一度ホールドしてから完全に開くまで、少し時間かかる。なんだかタイミングが合わない感じ。操作感が気持ちが良くない。
小物はやはりシマノでなくダイワかな。ダイワにいいフィッシュグリップがあるのかな。
小物の使い勝手を追究していくとキリがないですね。
おすすめの記事