式根島地磯  尾長43センチ
その時、というのはあらゆる事象に通ずるのかもしれませんが、釣りに関しては時合(じあい)と一般的には呼ばれます。その時合というのは半日あたり長くても30分程度という短時間なのはよくあることです。今回もそういう感じになってしまいました。やはり、キーパーバッカンか、それに付随するものが必要なんですよね。今回は発泡を持ってきていたので、そこに海水を張りました。でも初めはストリンガーに掛けたり、箱に水入れたりで時間を要しました。はじめに準備しておくべきなんですよね。
暇すぎて動画撮ったり、あらゆる角度から釣り座をとってます。
手前はエサ取りだらけなんで、かつ当て潮です。小さいウキで際釣りしたら楽しそうですが、それは後に取っておきます。
50m沖に沖へ払い出す潮があり、そこにエイジア 5Bを投げ込みます。ガンダマは5Bなくて、2B 3B連掛けして、あとは浮力調整入れます。
50m沖でゼロシブ状態のエイジアが、ほんの少し、数センチだけ手前に動いた気がしました
センティオに思い切り合わせをくれてやります!きました
センティオは胴調子の綺麗な弧を描きます。魚も強烈な抵抗をみせます。その都度レバーブレーキで糸を出してこちらも耐えます。
なんどか根に突っ込まれそうになりますが、センティオのパワーで完全に突っ込まれる前にエグレから引き出します。
焦げ茶色の魚体でメジナとはわかってましたが、なんと尾長でした。42センチ。式根島ならかなりいいサイズのはずです。このセンティオはまだ1.75号という馬力に見合う魚はかけられてません。小魚ばかりという呪いを解きたい一心で慎重にやりとりをしました。
風が収まってきたので浮力を3B、落とし鉛をフリーにして、より当たりが出やすいように変えます。
そしたら今度はハッキリとウキが沈みました
口太ですね。38。こちらもいいサイズです。
そして夕まずめに備えることとしました。
がま磯の名竿「アテンダー225」を取り出しました。
 
 島で見かけた式根島ポスターです。海賊をあしらってて可愛らしいですよね。この子たちと同じように私もいい大人になのに遊んでるんだなぁ。
 ところで、タックルをセンティオから、がまかつの名竿、「がま磯アテンダー2.25号50」にチェンジ。アテンダーの2.25号は鵜来、沖ノ島での磯のモデルとなった号数で俗に「アテンダーニーニーゴ」であります。発売は2000年代前半、2004年頃というから、かなり以前のモデルにはなりますね。この竿は2004年頃の製造で、前オーナーが購入時にノーマルのチタン斜めガイドだったのを、ショップでIMガイドに変えています。アテンダーは00年代後半からガイドの標準仕様をチタン IMに変えてますよね。
 高知南西部の沖ノ島へ行った時このサオをメインで使いましたが、なぜアテンダーが生まれたのか、よくわかった気がしました。あの地域の尾長グレにとても良く刺さる設計をしているのです。とくに2.25号。
めちゃ剛竿なんですが、穂先が微妙にやわらかく、1.75号あたりの細いハリスでもハリスギレしなさそうな設計。すごいです。
 少し陽が陰ってきたので、視認性の高い浮きに切り替えます。ウキをDU社ウェーブマスターのSに変えて、左手の壁あたりを探ります。
 まずこのウェーブマスター、蛍光オレンジのトップがとても見やすい。日が落ちてきて、暗くなってきた海面にウキが光ってるように見えます。海面がまた、ガチャガチャしてきたんで、負荷は3Bでガンダマ打ちして投げ込みます。
 手前も探ります。小さいウキだから手前狙いには良いですね。そしてきました
かなりの引きです。なに?白い魚体みえた
50センチはあるな!石鯛じゃない?
タモいれようとしたそのとき、針外れ
がっくりです 胸騒ぎがしてしまいます
また同じ場所で同じような弾き、今度は逃さない
40くらい、白い
あ、イズスミか また針外れ
ていうことは前の魚もイズスミかな、と気を鎮めるわたし
TK社の電気ウキBに替えて、手前、沖、色々攻めたがハタンポ湧いてしまい
タナ1.5本で根掛かりしウキ回収できず、ふたにぎりくらいのコマセ残して納竿としました。
1030に釣り開始して、1835納竿
アテンダーは名竿としての性能は今回は発揮に至りませんでした
がまで2本目に買った思い入れのある竿であり、ハリス対応力のある竿なんで、今後も大事に出来るだけしたいとは思います。
エサはオキアミ二角、粉は二袋でやや余りました
東京への帰りの船は午前中に来ますが、翌朝もやろうとす流のであれば朝の5時30分から9時30分くらいまでは充分やれます
なので正味12時間できるから、コマセは三角に粉2袋がいいですね
餌もないので翌朝の釣りはやめて、明日葉採りと温泉に集中、式根島の商店「みやとら」の島のり弁当を買いに行きましたが本日休業とのこと
港で島の子供たちが「送り太鼓」で見送ってくれました
帰りの汽船は神津からの人が結構乗ってましたね
スキューバの子たちと相部屋です。今の時期の神津島なんて綺麗なんでしょうね。ところでスキューバの子たちはなんでみなシュッとしてるんですかねー。色白で健康的。女の子だとルックスはそう大したことないとしても、美人に見える不思議
着くかわからんとアナウンスされていた、利島港でしたが無事に入港。船を待つ堤防になんと3人も釣り人いる!
乗船してきたので、釣れたのかどうかきいてみました
メジナつれました、イサキつれませんでした
風強くて色々大変でした
ということでした。もしかして夜通し?
帰りの船のみなさん、お疲れ様でした。(完
おすすめの記事