式根島地磯 フカセで尾長狙い
三月下旬、三連休です。
さて伊豆諸島へいくか。しかし西南西風がかなり強烈です。金曜日は風速18メートル。
でも金曜の朝、木曜夜竹芝発の八丈島航路、三宅島については無事着岸したんですね。一方の神津島航路は大島のみで、その先の島々は欠航。わたしは金曜夜の横浜発の便を狙います。さてどこの島にするか。
まず利島はダメ。条件付きだけど日曜帰りの船がどうなるかわからない。
神津島は西側の港はダメだろう。
ではどこへ行くか。港が北東にある式根島です。ここなら南西の風向きの反対です。
野伏港というところが、ちょうど島の北東になります。もっとも、港でやるには強い風ですから、北東面の磯を目指します。ミショウイケという地磯があり、そこでやりたいなと。
さて横浜の港で出発待つ間、中華街へ繰り出します。チェーンの安中華の店が中華街の入り口にあり、そこで食事をとります。
そこで奥に座った二人組。咳をしてるのが非常に気になってたのですが、そのうちの一人が恐らく通ってるキャバの嬢らしき人物とスピーカーで電話を開始。なんと自分はコロナに罹った、2週間の外出禁止を受けていると大声で話す。
周囲はざわつく。そのうちの2組はさっと出て行きました。どうなんだろうか、蒲郡のフィリピンパブの件を思い出しました。後から彼らは冗談で言いましたと、弁明してましたが。
船は出航。
大黒の脇を通るのですが、煌びやかな客船の、脇を通り抜けます。
「ダイヤモンドプリンセス」書いてあります。想像以上に素晴らしい船。こんな船で集団感染なんて、信じられません。
ただ中華料理店での出来事もあったし、なんだかあまりいい気分にはならなかったのが実情です。
式根島には朝9時に着く。はよついてくれ。
島へついてすぐ釣り準備。竿出したのは「H」というその名の通り引っ込んだ場所です。途中餌を調達。1350円というなかなかの金額でしたが、一角購入。これで手持ちの餌と合わせて二角。
でも9時間くらいですね。もつのは。フカセやる場合に粉があると仮定して、オキアミは一角4.5時間です。式根島は初日8時間、2日目4時間はできるので、三角ほしかったところです。
ヒラトコ、ミショウイケ、ヒッコンドウへ向かう道にクルマなく、誰もいないと判断。
ここは一番手前で足場がよく、東西南の三方向を壁に囲まれてるので、風が避けられてかなりラクな場所です。
場所をみて、手前にはシモリが張り出していて、沖はドンブカ、100m投げれば潮目にぶつかります。カゴ師の話ですと、春にはフエダイ、11月には大鯛、イサキは昼でも年中でるとこらしい。
フカセの場合、かけたら手前の根に潜られそう。そのため、日中でしたがハリスはVハード3号2.5ヒロ、ミチイトはゴルディッシュの4号を選択。スプールは尾長スプールです。
コマセ撒きますと、なにやら得体の知れない灰色のサカナというより物体が餌を取りにきます。
普通の数じゃないですね。
皮剥のようにみえてかなり大型。
そういえば、宿でソウシハギが沸いてると言ってたかな。ヒカゲと孫一で。
ここも近くだから同じ状況なのかな。
餌取られるし、針がない。
安針セット持ってきておいてよかったー
(安針セット=中古釣具店などで長期在庫されてるメーカー品の安ものをまとめ買いしたもの)
針は当初は小針でしたが餌取られすぎたので、グレバリ7号にチェンジします。
なんか掛かりましたが、ひきに耐えていたら高切れました。なんかゴルディッシュ、高ギレ率高いんですよね。
こんなのとか
こんなの
足裏連発。
なおタックルは
  • がまかつ がま磯センティオ1.75号50
  • リール トーナメントISO 3000SH
  • ライン サンラインゴルディッシュ4号
  • ウキ 釣研ネオセレクトL 3B →エイジア 2B→ 5B デュエルTGウェーブマスターS 3B
  • →釣研LFスマートB
  • ハリス 3号→5号→4号
  • ハリ 3号、4号、5号、7号、8号 グレバリ、グレ専用
なお、ここに至るまでずっと下潮で、潮止まりにばったりと食わなくなりました。そしてソウシハギらしき巨大な魚影が消えます。
チャンスタイムは近づきつつありました。
おすすめの記事