八丈島釣行記~八丈小島 中根 その2

うーみよー俺のうーみよー

中根着
かなり揺れて酔ってしまう
中根には他にも釣りびとはおらず、貸し切り状態となった

ロッドケースからロッドを出す。タックルは
ロッド:マスターモデル尾長H53
リール:ダイワインパルト3000lbd

ミチイト:レグロン2.5号
ハリス:東レLハード3.5号
ハリ:がまかつグレ専用11号
ウキ:キザクラレッツ ゼロ号
でいってみる。
中根のシンボリックな突端「一の根」には波が被っている。
一の根の右に釣り座を構え手前にマキエを打ち、その1~2m先にウキを投げる
すぐにアタリがきた
とおもったら、アレレ引きがめっちゃ弱いー
マスターのHでは穂先のさらに先しか竿が曲がらない
上がってきたのは20cmほどのオヤビッチャ

また一枚、同じサイズのオヤビッチャを追加
さすが南国八丈。観賞魚としてはすばらしい魚体
あたりは他にはなし。そして正午を過ぎる
アタリがでないなーと思っていて一時半頃
いきなり今日一番の強烈な引きが

インパルトのスプールが一気に逆転してミチイトがでていった
マスターモデル尾長Hがバットまで曲がって
一気に海中に突き刺さる~
ロッドが持っておれない、そんな状況になった
その瞬間
魚は一の根から右に突き出たエグレに飛び込んでいった
えっ まさか手前に逃げ込むとは
ミチイトは出されたままである 急いで巻き取ろうとするが、なかなか巻き取れない
獲物のスピードとパワーに慌ててしまった
すでに時遅し
完全に潜られてしまった
少しずつ少しずつ、ロッドを立てる
そして少しでできた、その瞬間でリールを巻く
よーしもうすこしというところで
ブッツーン
ミチイトたかぎれ~
ラインを手繰り寄せると、手元のほうまでざらざらになっている
根に巻かれたりしたためだ、これでは釣りは無理だろう
そもそもラインが細すぎた
レグロンはラインが少し太めで2.5でも他のメーカーなら3号はある
でもそれでも細いのだ
というわけで、リールをシマノ・レマーレP5000DHGに変更
これにはラインが6号が巻かれてる
これで挑むしかない

そしてハリスはそのままで釣りに臨むのだった
(その3に続く)

おすすめの記事