南伊豆 妻良 沖堤防 からの京の字カド 市丸その1
南伊豆の妻良(めら)になります。
前に三宅島の夕景で知り合った人が、ここでおこわなれた大会で優勝したとかいってたなぁと。プライベートで夏に妻良は、行っていたので、冬場どうだろう?そんな感じで訪れました。
私はあまり伊豆の釣りでいい思いをしたことがなく、最近は千葉と離島ばかり。
なぜ、伊豆へいかないのか。まず、都内からのアクセスの、問題があります。
 
千葉だとだいたい2時間もあれば、南総安房のほぼ全域にアクセス可能です。やはりアクアラインが大きい。館山いくときは館山道をなるべく使わないようにしているため、高速代はアクアの800円(往復1600円)しか掛けません。
ですが、伊豆も南のほうだと都区部からだと距離があるため、早くても3時間半掛かります。小田原の早川からは高速がなく、一般道を使うためです。
小田原から伊東までが1時間、伊東から下田までが1時間です。(真鶴道路、熱海ビーチラインは使わない)
仮に、東名で沼津まで高速を使い、そっから伊豆縦貫で下田を目指すにも、対して時間はかわりません。むしろ高速代が余計に掛かるだけです。
 
そもそも
伊豆縦貫はなぜ起点が沼津なのか。
東京から沼津へ、いくには高速道路も迂回するから、思った以上に距離と時間が掛かります。
小田原厚木道路と伊豆縦貫が繋がらない限り、伊豆縦貫の存在は嬉しくもなんともないです。
伊豆は道路事情が悪いので、慢性的な渋滞です。真夏だと帰りに都区部まで5時間掛かります。
そのため、下田を出るのは6時過ぎが、ベストです。この時間なら伊東熱海の渋滞ピークが、過ぎます。千葉も日曜の夕方のアクアラインの渋滞は酷いですが、そこしかなく、距離は短いです。千葉に出掛ける人は多いが、千葉の地域内で分散してる感じですかね。
千葉はニーズがあるからなのか、地元の政治家が有力なのか、わかりませんが道路がよく整備されてます。館山道も、あまり使いませんが時間ないとき   使うし、並行して走る国道も大して混まないです。保田のあたりを除けばとても走りやすいです。
気軽に入れる地磯が千葉には豊富にあることも、ポイントでしょうか。ただし低いんですよね、地磯も沖磯も。
だから好みが、わかれるところかと。一発大波きたら終わりです。
水深も浅い。だから、浅瀬でやる特殊な釣り、まぁそんなに特殊でもないけど、ちょっと癖のある釣り方になってしまう。でもそこがわたしの釣りとあっているようで、チャランボ担いであっさい磯を歩いてきました。沖磯が中心ですが、45前後までのメジナと黒鯛なら何枚か釣ってます。地磯でも実績はまずまず。
一方で伊豆は基本的に水深があるため、普通の磯釣りで大丈夫。ですが下手な私にはタナを見つけることが難しく、結果釣果が出なかったのかと思われます。石廊、神子元、仁科、すべて釣果なし。まだ真鶴のほうがいい魚上げている。
そのためほとんどきたことはない伊豆エリアですが、買ったエイジアシリーズと、マスターモデルの入魂のため、参りました。
宜しくおねがいします!
(平和卓也風)

おすすめの記事