フィクセル170 餌箱用の内枠の自作 その2
フィクセルの内枠作りの続きとなります。
サイズが微妙におかしかったので作り直しとなりました。長辺のほうはこれでOK、短辺のほうを一から削り直します。
ホームセンターでまたL字の檜を削るところから始めます。長さは餌箱と同じ内寸15センチ。ですが刃の幅が一ミリ強あるので、15センチ二ミリとします。で、五ミリずつ出っ張りを付けて載せるので、16センチ2ミリでカット。
それを綺麗にヤスリで整えて、内寸15センチになるように仕上げていきます。それをこんな感じで組み合わせます。セメダインクリアーで接着。しかし、プロのように見た目のレベルではなかなか綺麗には仕上がらないです。1ミリ程度の隙間があちこちに出来てしまいました。そこは、接着剤で埋めていきます。
内枠はこのような形になりました。接着剤がでてしまっているのは、乾いてからの加工となります。そして、中央部に梁を渡していきます。それで強度を高める計算です。
しかし長辺のほうにも隙間があちこちできています。これを接着剤で埋めるのか?そのままだとやはりまずいですよね。そんなことを考えながら、作っていきます。
おすすめの記事