フィクセル170 餌箱用の内枠の自作 その5
 
餌箱を収めた状態から。
餌箱は少し取っ手の部分が出っ張っていまして、クーラーの蓋を締めると少し窮屈な状況になっているわけです。つまり蓋が抑えつけることで、内枠に力が掛かっている。
この状態ですと、内枠の破損に繋がるかもしれません。ここは内枠をあと5ミリさげないといけなかったわけですが、それを行う技術力がないため、餌箱の取手を削ることにしました。
 
いつものホームセンターの工作室です。
削るには硬質のニスで加工された物なので、それを削り取るとなると、かなりのパワーが必要です。
そのため、機械に頼ります。
このホームセンターは、会員になれば機械のいくつかを無料あるいは低廉な価格で貸してもらえます。まえにサンダーを借りました。
そこで今回もサンダーを借りようとしましたが、たまたま身分証明持ってきてなくて貸し出しNG。仕方なく工作室にあるもので代用します。
 
タイトルにある写真。なんていうのかわかりませんが、使ってみようと思います。恐ろしいほどすごい高回転で、あっという間に削れてしまいました。
 
取手の部分が真っ白になっています。
カーブを付けて削れてしまいました。
でもそのカーブが少しいい味なのでそれを残しつつ、100均のヤスリとペーパーでなるべく平滑にしていきます、
機械の振動で取手の根っこに少しヒビが入りました。まずここを補修してから、削ったところのニス加工を行なっていきます。
あともう少しで完成です。
おすすめの記事