伊豆諸島と房総半島は台風通過に最大限の警戒をーウェザーニューズ

 台風14号の進路は予想よりも南の海上を通過していくようであり、伊豆諸島や、房総半島は最大限の警戒が必要である。海のそばから離れることはもちろんだが、降雨量が半端なく多いので、陸地も水気を帯びている。数年前伊豆大島は大規模な土砂崩れが発生して犠牲者がでたが、今回もそうならないよう、とりわけ傾斜地には注意したい。

▼台風14号 10月10日(土)6時現在  

存在地域   潮岬の南約210km  

移動     東北東 15 km/h  

中心気圧   985 hPa  

最大風速   30 m/s (中心付近)  

最大瞬間風速 40 m/s

東京や名古屋など主要都市は影響小さい

台風14号は本州の南の海上を東進し、今夜には伊豆諸島付近に進む予想となっています。 本州から離れた所を通るため、荒れた天気に警戒が必要となるのは伊豆諸島や三重県南部など限られた地域のみとなる見込みです。東京や名古屋などの主要都市への影響は小さいと見られます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/94e428adfcec82bbe19769f7b93eb720713d1736

大雨となっている伊豆諸島ではさらなる雨に警戒

 伊豆諸島は当然のことながら、釣りとか言っている状況ではない。八丈島は暴風の真ん中にいることだろう。島へ渡航している人は十分な安全確保を。海辺から離れるだけでなく、島によくある崖地には近づかないようにしたい。

これから台風が通過する伊豆諸島では既に400mmを超える雨が降っているところがあり、明日11日(日)朝にかけてさらに雨量が増えるおそれがあります。土砂災害などに警戒してください。 また、地形と風の影響を受ける三重県南部や和歌山県南部では今日10日(土)昼頃にかけて、沿岸前線と呼ばれる局地的な前線の影響を受ける千葉県外房では今日10日(土)午前を中心に、それぞれ強い雨が予想されるため十分注意してください。

https://news.yahoo.co.jp/articles/94e428adfcec82bbe19769f7b93eb720713d1736

11日(日)は雨や風の峠を越える

11日(日)の天気と気温

台風は11日(日)になると本州から離れる可能性が高く、各地の雨や風は峠を越えます。 東京など関東は10日(土)夜にかけて約3日半のあいだ雨が降り続くことになりますが、11日(日)の朝になるとようやく雨が止む見込みです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/94e428adfcec82bbe19769f7b93eb720713d1736

今週末の釣りは完全におじゃんですが、まあ来週に備えましょう。私はクーラーボックスの餌箱を乗せるための台の制作をやっていきます。来週末は島へ渡航の予定です。

おすすめの記事