東亜レグロンインターナショナルをワールドプレミアムにしてみた

ボビン巻き

レグロン ワールドプレミアム
【ナイロン】

ボビン巻の概念を覆す次世代ボビン巻、ここに誕生

当社独自の加工技術を惜しげもなく投入し、従来のボビン巻の概念を覆す高品質・高強力を実現した最高級ラインが誕生しました。細さを徹底的に追求したマルチパーパス。その細さに対して驚きのタフさと、ガイドの摩擦に負けない超耐摩耗を号数別に特殊樹脂処理を施すことにより実現。さらに優れた直線性が長期持続。その高品質維持の為ソフトテンション巻を採用しています。

トアルソン

 東亜ストリングってトアルソンって会社に変わったのか、知らんかった

 私はレグロンインターナショナル無印ですが、流石に在庫品が古くなったのか、トラブル頻発。ちょうど安くなっていたワールドプレミアムを一つ買ってきました。てかお一人様2点限りって何?一つ1600円は確かに安いといえば安いか。これに消費税。

会社名は東亜ではなく、しっかりトアルソンと書いてある。本来はハリス用の素材を使った高級ラインとありますがどうなんでしょう。

ガンナー に巻きますと、思いの外細く感じます。

色の違い。ワールドプレミアムが左で、無印レグロンインターナショナルが右。無印は黄色味が強い黄緑で、ワールドプレミアムは深くて透明感のある緑です。品質はワールドのほうが上でしょうが、少々食い込みところが気になります。無印は食い込む感じがなくて、膨れる感じがあります。無印はバックラがしにくいラインだと思っていますが、無印のラインの特性が両軸遠投には使えるのだと思っています。ワールドはこれから使います。

おすすめの記事