がま磯 我夢者3-53 その1
sdr
がま磯、我夢者3-53です。
高弾性カーボンを使用し300g台の自重を実現した、新しい設計(2011年時点)の竿です。
細身なので強風時でも風にあおられることもありません。
現在では廃盤となっているダイワのオレガ剛徹3-53MS-Vと比較すると
オレガは我夢者よりも本体が重く、穂先の太さは同じくらいだが、元竿は明らかに太い。
つまり、オレガはブランクに厚みがあり、我夢者は細身設計といえます。
竿を伸ばすと、オレガは穂先にかけてややお辞儀をしてます。ややダルンとしている。我夢者はオレガよりも細いのに穂先までピンと張っている。
魚がかかると、オレガは二番三番がいい働きをします。所謂先調子。
我夢者は、胴調子で、大型がかかると四番がグッと曲がります。胴調子よりもやや手元が曲がるかんじです。
(メーカーの売り文句)
~我、夢追う者なり~
上物竿最強スーパービッグワンシリーズです。フカセタイプに3号・4号・5号をラインナップ。他のロッドの追随を許さない圧倒的なパワーで巨大尾長グレ、青物を制する夢を実現できるロッドです。遠投タイプには、遠投5号・遠投6号・遠投8号をラインナップ。レコードクラスの超大型の青物に対しても余裕の強度を発揮し、上物師の夢をかなえるだけの十分なポテンシャルを持っています。
3号は60cm級の尾長グレや80cmを超える超大型真鯛、メジロクラスの青物がメインターゲット。
沖縄で実釣してきました。
場所:沖縄宮古島狩俣海岸
タックル
ロッド:我夢者3号53
リール:シマノ レマーレP5000DHG
ライン:レグロン5号
ハリス:デュエル船ハリス6号
その2へ続く
おすすめの記事