紀伊長島釣行記~三番、イナフネ

こんにちわ、ケロッピです

沖合いに見えるのが紀伊長島の大島です。
初の三重釣行。
乗りたかったのは大島の沖側に浮かぶ「イナフネ」
だが渡船屋さんのおやじさんは「イナフネは5人乗るっていってるんだよー
すまないけど」
低い磯は波が高くだめとのこと
他の有望磯ももうすでに誰かしら乗られており、私は空いていた「三番ハナレ」へ

写真は、左から二番、三番、四番。
三番ハナレは四番の陰でみえない
七時半実釣開始
タックルは
ロッド:がまかつアテンダー225-50
リール:ダイワインパルト3000
ライン:ジャストロン3号
ハリス:シーガー3号
天狗ウキ7番、ハリがまかつグレ専用11号
突風を背から受ける
撒き餌はボイルと生オキアミ
簡単に沖まで飛んでいく
暫く反応なくもいきなり強い引き込み
アテンダーが一気に絞りこまれるが、痛恨のネズレ。
バリかもしれないが、恐らく口ぶと
しっかり竿をためなくてはだめであった
しかし3号ハリスがネズレですかー
潮が動かない
三番ハナレは狙える範囲が狭すぎることもあり、はるか四番の近くまで
遠投してみる。
四番の釣りびとは竿を曲げているが釣れる魚はバリばかりである
突然そのときがまた来た
一気に絞りこまれ今度は慎重にやりとり
たもを用意、しかし
見えたのは茶色い魚体「バリ」45cm
そのあとは反応なし、一時半納棺

写真がイナフネ。
全体的に低い磯であった
この日の竿頭は、若狭磯研の方。
50over含む40以上を数釣っていた
イナフネの人は全員に釣果があった
一番の釣りびとと話した
彼には釣果はなし
内側の磯の人は全体的に渋めであった
やはり場所はとても大事である

おすすめの記事