練習IN神津島 3  がま磯 ヒラマサ天剛H

私が五時半まで釣っていた場所は、反対側でムロアジ泳がせしてた埼玉のコンビが入りました(写真は反対側)。

埼玉さん、そこの50m沖、そこでシマアジ数が出ました。地合いの時間は夜8時から11時頃。昼はスパッと沈み夜はもぞもぞとしていた。そんな、あたりかたがちがった。そのあと猛雨となり、 撤収とのこと。

あのまま続けていれば少なくとも30cmシマアジ数枚は釣れた。釣り座は潮上。下田からきたおじいさん三人組が潮下で有利であったが、何もしてなかった。一等席の仕事してない。かご釣りはまず場所を作らないと釣れない。ハリス無しで。コマセだけいれてかごを沈めとく。繰り返す。ペットボトル集魚材。

結果潮上の埼玉さんが竿ガシラ。秋深まりシマアジは大型化してくる。あそこが地元の人もやってる場所。砂浜側がシマアジが回遊してくるルート。

帰りの船は埼玉さんとワイワイしながら帰りました

そんな感じで釣りはおしまい。

悔いが残る釣行となりました。

おすすめの記事