名礁も 潮がなければ ただの岩 (南伊豆・大瀬 釣行記)

石廊崎から喜美丸(きみまる)に乗り、石廊崎の沖磯へと向かう
4月中旬に入ったがまだ水温は低く、ここ何日か釣果は悪いらしい
オキアミ二枚、アミエビ二キロ、バン粉を弓ヶ浜のエサ屋「南礁」で捏ねる
私は大根にのることになった
そして、五時半出船
波はない
順次、磯へ人と器材を下ろしていく

釣りびとがいるのは船着き。
私は船着きから崖をひとつ越えて、大根のハナレとの間を狙う。

タックルは
ロッド:がまかつセンティオ1.7号50
リール:インパルト3000
ラインその他:レグロン2.5号、ハリス2.25号、ハリTKO5号
ウキyou-shi0号、ガンダマg5

ダルい潮に対応した仕掛け
しかし、まったく流れておらず無反応状態
潮流れず風は北東からの突風
そもそも釣りにならない
ハナレも反応はない
皆竿が曲がってない
隣の釣りびとも無反応

風が強いため風裏となる船着きへ移動
ここもハナレとの間狙いとなるが、やや外れる
しかし反応はない
まったく潮がながれない
ウキを替えたりガンダマ足したり引いたり針替えたりあれやこれややってみる
でもだめだ
4時間経過
隣の釣りびとのセンティオ1.5号が一気に曲がる
周囲は注目
が釣れたのはタカノハダイ、40cmくらいかな?
さらにまたタカノハダイを釣り上げる
タカノハダイ連発は潮が動いてない合図
そして、私にも来た
カンカン叩く引き‥・これは?

25cmくらいのアイゴー
終了。
書くことがなにもないくらい、厳しい八時間であった
他の磯も厳しかったが、40cmオーバーが1枚
あとは25cm~35cmがポツポツといったところ
ハナレの釣りびと曰く「大根は名礁だよ!!」と
ここで一句「名礁も 潮が無ければ ただの岩」
この日の大根は「おおね」でなくダイコンであった

(完)

おすすめの記事