宇崎日新 ゼロサム磯 弾 X4 シリーズ
DCF00307.JPG

宇崎日新の ゼロサム磯 弾 X4です。

タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3の4種類、それぞれ50と53での展開。
都内の某量販店で実際に触れてみた。
タイプ3は硬すぎ。ほとんど棒。1.75~2号の設定とのことだが、
4~5号くらいの固さに感じました。しっかり曲がり込めば反発力も活かせるのだろうが、
これを曲げるには超大型を掛けるか、根掛かりさせるしかなさそうだ。
タイプ2が離島仕様、タイプ1も半島廻りの大型狙い、といった印象をもった。
伊豆七島南部ならタイプ2が適正であるかなあと感じた。
先日ヤフオクで中古ですが4万5000円で即落されていた。
質問項目を覗くと、出品者の方は「限界まで曲げてはじめてこのロッドの素晴らしさがわかると思う」と
感想を述べている。
私はタイプ2でも限界まで曲げるには相当な魚のパワーが必要であると思える。
ネットでは宇崎の悪口もかなり叩かれていますが、評価している方も大勢いる。
私も宇崎の磯竿でX4についてのみ興味はある。
使ってはいないけれど、完成度の高さは伸ばして振っただけでもよくわかるから。
試してみる価値はありそう。
ただし心配なところもある。
とある日新の開発に関わったことのある方によれば、X4は開発にあたり「テスターがいなかった」のだそう。
メーカーと契約するアドバイザーやテスターは全国各地にいる。
各地域の釣具店や釣宿のオーナーなどが多いですが、「ローカルな釣り名人」がこうしたテスター等になるケースが多いよう。
オール4軸出す前の商品はしっかりこういう方々と綿密なフィールドテストを繰り返したのだそう。
が、X4については一切やっていないと。とはいえ、少しもやっていないといことはあり得ないだろうが。
もし本当ならメーカーの自信たるや素晴らしいなあと思うと同時に
ナイスコスト削減! とも感じた次第。
viva mede in japan!

おすすめの記事