小下田沖磯・高島 潮流れず その1
仕事の合間にアプリの海快晴を眺め、風向きと風の強さの、予想を確認する。
ほんでどこがいけそうかな?南伊豆はしばらくいいです。あまりに時間かかる。自宅から190キロの距離ですが、行きは深夜でも三時間半、帰りは高速使っても3時間強。さすがに連発は疲れました。
そこで千葉をみてみる。太海は7メートルの風。うーん風裏にはなりそうだが実際はどうかな?
横須賀沖も参考までに。南8メートル。野島堤防はこれではだめだ。
茅ヶ崎烏帽子は大丈夫そう。アクセスもいいし釣れなくはない。だけどこの磯の特徴として、キワしか釣れない。というところがあまりに趣きが薄く、私にとってこの場所はただの逃げ場となっております。といいつつ常連さんたちはみな良い方ばかりなので、またお目にかかります。
そこで伊豆をみてみる。なんと微風の予想。
しかもまたまた西が吹かない。これは西伊豆ワンチャンある?
田子の福吉丸へTEL。しかし
「もーいっぱいなんですよ」とのご返事。まだ2日前だがな??そんなに人気あるの?
そこで8年ぶりくらいになるけど、小下田のとび島丸にしました。
いつもの玉川→戸塚→藤沢→茅ヶ崎海岸(烏帽子はここでゴール)→大磯→石橋 で国道135、真鶴道路は入らず真鶴駅前のあおき釣具に至りました。
オキアミ2枚全解凍、アミ2キロ、マルキュー超遠投1、パン粉みたいな粉1で3700円くらい。
真鶴から熱海ビーチライン避けて熱海市内→熱函道路→函南→伊豆縦貫無料区間→土肥峠→
こんな感じで150キロほど走ってとび島丸着。
名簿は事務所で書いて、宇久須港まで走る。
小下田港から出るわけではないです。間違えそうになります。なお小下田港の金二丸さんは廃業されたとのこと。
今回は上磯に、渡してもらいます。
船頭と中乗りのおじいさん、おばあさん、お元気ですねぇ。
釣り場までは15分ほど。
しかしうねりがすごい。揺れてしまって簡単には乗りうつれない。
「3番目におろすから」おばあさんに言われて、降りたところ
高島
後で聞きましたが、とび島と並ぶ一級磯とのことでした
しかしわたしがのる一級磯はたいてい潮流れず苦戦するんですけども
今回もそのようになりました
おすすめの記事