ダイワ オレガ剛徹 MS-V について

軽量かつ高感度でパワーのある超高密度SVFカーボン
3-53の主な仕様はVジョイント構造で高耐久スーパーコート仕様により傷が付きにくく
「大型リール対応の保持力が高いセンサーハンプスクリューシート」。
継数は5本、仕舞は118cm 重量310g、先径1.5mm 元径25.8mm
錘適合は5~15号、ハリスは3~10号と…
このシリーズは絶版で、いまは「剛徹」と改められてダイワより発売中。
ですがOLEGAもいまだ人気なんですよねー。反発力がとても強い。
私は大物上モノ用として購入。
三宅の三本嶽で使いましたが、60cmのサンノジを軽く抜きあげましたよ(汗)
沖縄のカーエー狙いなんかで当地では人気が高く
伊豆半島民や七島民も結構これを使っています。
リールシート下げて両軸仕様にしたりね。
でも、手放してしまいました。
というのは、リールシートの位置がもともと竿尻寄りにあって、モロ両軸仕様って感じなんですよね。
スピニングで使うと重心が前よりなんで、とても持ち重りがするのです。
竿を構えていると、気持ち悪くなってしまって。
それとシマノのスピニングと相性が悪いのか、リールシートが全く安定しない。
せっかくのスクリューなのにね。
そんでもって、もともと持っているがまかつの我夢者3号53を使うことにしました。
我夢者のほうがOLEGAよりバランスはいいのかなと思います。
それと我夢者のほうがシャキッとしているしね。

おすすめの記事