外房・太海 「サムライ」で43センチ黒鯛!

2017年の3月の情報です。

外房は太海の新海荘へお邪魔しました。ここでは1月から3月末までの間、こませを使った釣りが解禁となります。

当日は小島へ行きたかったですが、波をかぶっていて無理でした。そのためあっちこっち磯を彷徨った挙句、北磯の侍へ

渡りました。

侍島(サムライ)に渡礁しました。まず島を散策しまして、岸向き(東側)の半島が良さそうだと判断しました。

7時半~8時頃、本島と半島の間はやや波が被る状況でしたが、下げ一杯までは安全だろうと判断し駆け足で渡りまして(危険)、

上げ潮に変わった2時間後の12時45分頃、しばしば足元まで波が被る状況となったため、

波が引いた瞬間を見計らって撤収作業を行いました。雲が掛かって西風が強くなり、荒れはじめたので13時半に早上がりです。

20170312094203

メジナは小型ばかりだったので、途中でクロダイ一本に集中しました。

砂浜の沖合のため、底は砂地。足元から沖20mにかけて、3箇所のシモリが三角形状に点在、

クロダイの回遊ルートと考え、その中心部に集中してコマセを撒きました。

比重が重そうな配合(三浦黒鯛)を使用、下げ一杯となった10時~11時頃は特に集中して撒きました。

水深は5~7mくらいと思われ、メジナの棚は2ヒロ位、クロダイは底狙いです。

上げに変わってから、風向きと潮の流れが岸向き(東方向)で一致し、非常に釣りやすくなりました。

《潮・風》

下げ潮時=北東から南西(岸と平行)へのダラダラした潮、風は微風(やや西風)

上げ潮時=東から西(沖から岸)へのハッキリとした速い潮、風はやや強い北西風

《釣果》

・8時~10時 小メジナ20匹ぐらい、小ウミタナゴ2匹、クサフグ10匹ぐらい

・10時~11時半 検量対象メジナ1匹、20~25cmクラス2匹

・11時半~11時45分頃 43cmクロダイ

・11時45分~12時45分頃 20~25cmクラス3匹、小メジナ多数

《ライン・ウキ・ハリス・ハリ》

・午前10時頃まで ライン;サンラインゴルディッシュ2号 ウキ;キザクラIDRハイブ2B~0、ハリス;サンラインVハード2号 ハリ;がまかつテクノグレ4~7号

・それ以降 ハリス;シーガーグランドマックスFX1.7号 ウキ;ハイブ0号、ハリ;テクノ9号

カジメが多く根掛かりが頻発、柔らかいゴルディッシュと、固いVハードは相性が悪くミチイトの高切れが頻発し、ウキを2個流しました。途中でハリスをシーガーに変更、これが当たり、根掛かりしても高切れることはなくなりました。クロダイにしっかりフッキングできるよう、ハリスの号数とややバランスは悪いですが、テクノグレで最大の9号を使用しました。

《竿・リール》

がまかつグレ競技スペシャル31.5号、15トーナメント競技

おすすめの記事