がまかつ RZR 1.25号 530について

こんにちわ、けろっぴです
がまかつの新製品、RZRです。この1.25号ががまかつ提供釣り番組
「フィッシング倶楽部」で二回登場しました。
場所はいずれも和歌山、日置川河口の磯と、和深の沖磯です。
アングラーは見事、40cmに満たないクラスのグレを釣りあげました。
価格はがまかつの中では中級。センティオ.エリネスと同クラス。
果たしてどんな竿なんでしょうか。
特筆すべき安定感
「曲げて耐えていれば勝手に魚が浮いてくる。」これは、がま磯ロッドビルディングにおいて最も大切にしているコンセプトです。
RZRはこの基本コンセプトを忠実に再現しました。
基本調子は胴調子。テーパーをスローに設定することで、胴部分まできれいに支点移動し、魚の突進を受け止めるので対応幅が非常に広く、予期せぬ大型魚が掛かった際でも竿全体で受け止め、じわりじわりと浮かせ寄せることが可能です。
メイン材料にはカーボンの中で引張強度及び衝撃強度の非常に高い材料を採用。極端な軽量化は避け、十分な肉厚、強度を持たせていますのでタフな使用にも十分耐えれる仕様です。
車でたとえるならば、SUVやツーリングカーといったイメージ。扱いの難しいレーシングカーとは異なり、あらゆる使用用途、悪条件下でも安定したパフォーマンスを発揮できる対応幅の広いロッドに仕上がっています。
フカセタイプにはIMガイド及びスーパートップIIを採用。糸捌きがしやすくトラブルにも強いので快適な釣りが可能です。
アテンダーIIと同様に大型が掛かった場合、胴部分まで曲がりますが、恐れることなくやや寝かせ気味の角度で胴部分を曲げたままでのやりとりをすれば魚が弱りやすく、浮かせることが可能です。
【1.25号 近海フカセ万能調子】
30-45cmクラスの口太グレがメインターゲット。
硬さを抑えた設計なので細ハリスが使用可能で、大型のチヌやスズキにも対応可能な万能調子です。
■スーパートップIIを採用しています。
■スライドシートを採用しています。
■IMガイドを採用しています。
■ノンステック塗装を採用しています。
□全長:5.3
□仕舞寸法:117cm
□継数:5
□自重:210g
□先径mm/元径mm:0.75/23.5
□モーメント:23.6
□鉛負荷:1ー4号
□適合ハリス:1ー3号
□定価:59,400円
ということでした。
以前出ていた「RXR」の後継機ですが、グリップ周りからガイドから
仕様がアップしました。

けろっぴ

おすすめの記事