伊豆諸島の離島にて、ダイコーフルフィールド海匠スペシャル遠投4号と
ダイワパワーサーフ4000QDの組み合わせで。
カゴはサンナーロケットかご15号
浮きは発泡棒浮き負荷12~15号(かめやオリジナル)
ラインはダイワジャストロン5号
ハリスLハード3.5号
ハリがまかつグレ専用9号
基本置き竿にしてあたりを待つ。
リールが重い!
だけどもイサキか入れ食い状態で、つぎからつぎへと回収してまた投げて
の繰返し。
(フルフィールド海匠スペシャル遠投のメーカー売り文句)
シャープな振り抜け!カゴ仕掛けの遠投モデル。
大口径ガイドを採用したスピニングリール対応のカゴ釣り遠投モデル。胴のためが効く調子設定で、より高い遠投性を実現。
もっともスタンダードな3号と4号の5.3mをシリーズ化。
(FF海匠磯スペシャル遠投4号スペック)
全長5.3
標準自重385g
仕舞寸法118.5
継数5
先径/元径2.20/24.2
適正ハリス4.0~10.0
適正錘8~15号
カーボン比率99/1
定価\ 48,000
大鯛から青物まで、幅広く狙えるパワフルな4-53S。カゴ釣りファン納得の遠投竿に仕上げています。
(釣果その他)
イサキ40cmを釣り上げましたが、もちろん遠投磯竿なら余裕綽々。
二番がくくっと曲がるくらい。先調子でとても投げやすい。
ただ堅いのではなく、しなりがあります。
そこがレセプター2遠投4号とはちがうところかな。
かごの重さは今回は15号でしたが、18号も余裕そう
20号はいけるかな?
イサキは20枚釣りました。
60cmくらいまでならヒラマサも行けるでしょう。
60ヒラマサでやっと元竿まで曲がるくらい、そんなイメージです。
80cmヒラマサでも表層水面のみなら勝てると思います。
この価格帯にしてはかなり出来はいいと思います。
粘りがあります。

おすすめの記事