筏チヌ用下向きリール〜アルティスト黒鯛 について

全国的にも珍しくて、マニアックな釣りだが、関東では極めて極めて珍しい、黒鯛(チヌ)のかゝり釣り。
あるいは筏釣り、カセ釣り。私にとってはチヌのひきが強く味わえるから、完全にハマってしまいました。本命黒鯛以外にも、シマアジやらアジやら五目が釣れるので中々楽しい。タックルはがまで揃えてしまっており、もう4本も竿がある。釣具店では関東では全く見かけないが、どういう訳か、黄色い中古釣具店では時折見かける!そういう時に購入。
しかしリールは1つだけ。もう一つ欲しかった。
リールはダイワのバイキング筏。もうこれでいいだろうと思っていました。
それで、あらたにバイキング筏を、アマゾンでポチったが、なかなか発送されない。いつ届く?年末到着?なぜ?ハイキャンセル。
そこで新しく、すぐに発送されそうな、リールを探すことに
でもシマノのリールなんていくら?
セイハコウ。30000円超?あり得ない。
色々探していると、こんなものが。
中華リールってやつか。ピシファン?しらないが。
にしても評価高いですな。
単純な、構造だから、モノマネも出ることでしょう。黒鯛工房のリールも中華か韓国ですからねぇ。けどわけのわからないメーカーの商品はやめておきたい。けれど
シマノダイワは高い。そこで中間的な立場のリールを

(プロマリンだけど)アルティスト黒鯛!
この付属のケースが何気に格好いいんですね。
シマノ、ダイワ 、黒鯛工房 etc と上を見たらキリがないですが、このリール、金属製でダイワ のバイキングのような安っぽさは見られません。
下の図面が、リールの部品構成です。こういう展開図が入っているのも、その辺のチャチなリールとは違いますよね。
付属品のリールカバーはかなり高品質
クルクル回りますなー。
そういえば購入同時期にヤフオク!に出品されているのを見かけましたな。
説明文はこう書いてありました。

新品で購入、回らない、ゴリ感、引っかかるの為、全分解、洗浄後、2000番のペーパーで、各所抵抗となる部分のクリアランス調整、ギアの歯あたり調整も行い、ベアリングはIOS-01を塗布。シャフト、ワンゥエイローラークラッチにはIOS-02を塗布。ギアにはIOSギアグリスを塗布して仕上げ、オキアミ+ガン玉の重さでだけでも、ラインが出ていくほど軽く仕上がっています。実際NS釣法がセミオートで出来ました
ただ、精度的にギアのアタリなど調整しきれないところがあります。
購入時よりネジが1本なめている物がありますが[中略
こちらのアイテム、なんだか色々カスタムをされていたため、入札が盛り上がり、最後は14000円で落札されていましたね。なお私のほうはノーマル状態でカラカラとなんの問題もなく回転しています。このリールで釣りをするのが本当に楽しみです。
 
おすすめの記事