最強の軽さ!ダイワトーナメント ライト ロッドケース(C)

 秋の磯シーズンのスタートで行われているセール。とはいっても眉唾だったりするんですが、久しぶりにセールらしいセールに参加できました。そしてリアル店舗で久しぶりに大きな買い物をしました。そこでは磯関連製品がいろいろ売られていましたが、特に安く感じられたのは昨シーズンまでに発売された磯クールバッグやロッドケースで、半額とかで売られていました。正直あまりバーゲン品買ったぞーとは言いたくはないですが、例えばこれですね。

 これは収納力がありデザインも気に入ったのですが、問題は重量。重さが4.3kgとかアホかという重さです。がまかつのゴルフバッグみたいなロッドケース は昔からありますけど、歴代4キロは超えてないはず。過去を振り返ると似たようなゴルフバッグ系定番タイプのGC 251(2016年)が3.5kg、GC 271(2018年)が3.8kg、てどんどん重くなっておる!と言いつつ、購入したチヌスペシャルはそれよりもさらに容量が大きいから、4キロ超えちゃったんですかね。で普通は技術改良かなんかで軽くなっていって欲しいところだが、がまは素材の質感を重視してるみたいで、どんどん格好良くはなっているものの重いーですよね。それとがまのゴルフバッグ系に必ずある、お尻のポケットに何を入れたらいいのか、いまだにわからないw。

重た〜い がまのロッドケース

 1日の釣りではそこまでものを詰め込まないし、かといって遠征釣りで送るにしてもサイズがデカくなりますからね。遠征で送るなら竿だけ入れることを考えて、円筒形のロッドケース にしますね。世の中的に、ロッドケース は軽くするか、細く小さくするかの二択であまり大型は流行ってないんだろうと思われるんですよね。だから先日の売り尽くしセールでも、デカイロッドケース が叩き売られてた。でもまあそれでも私はこれを気に入ったので使おうと思っているのですが

 そして、安売りされている可哀想なロッドケース くんたちの隣で、密かに定価(!)で陳列されていたのが、このロッドケース です。今年10月発売されたばかりのトーナメントライトロッドケース (C)!

 これはとてもいいやつです。重さは145センチで3.1キロ!135センチのタイプもありますが、これは3キロとなっていて、長さが10センチ違うのになぜ0.1キロしか変わらないのか。これはもう、素材から何から違うんだと思われます。

リールプロテクター一個付き。段差収納を装備。

 しかも内部も竿一本一本をしっかり保護する保護材と、リールプロテクターまである。このプロテクター、しっかりした樹脂素材でガードしていて、これはかなり守備力アップされている。ちなみに前のトーナメントロッドケース(B)はこんな感じ。リールプロテクターは柔いタイプなんですよね。それでもこのモデルより13%軽量化に成功したっていうから驚き。

 最新製品であるトーナメントロッドケース (C)になりますと、プロテクターは強力なものに仕上がっています。これ、単体で欲しいなあー

本体にはマジックテープの柔らかい方が2本、貼られています。

そして、リールプロテクターの裏には硬い方のマジックテープが貼られており、これでロッドケース 内部に確実に固定されます。

メーカーの説明書はこれ。

高機動性。ライトバージョン」ダイワ磯ロッドケースの最高峰!
・高機動性を実現する軽量。従来品比「約13%の軽量化」(トーナメントロッドケース(C)比)
・扱い易さと衝撃からの保護性を両立させる「ハードボディー構造」
・圧倒的にサビに強い「ステンレスファスナースライダー」を採用
・ファスナー部のつぶれを防ぎ剛性もアップするファスナー強化ボード
・水、汚れが拭き取り易く磯場の上でも滑りにくい表面素材
・収納ロッドの遊びを抑え保護性を高める「ロッドクッション」
・リール付きフカセロッドを2本まで収納できる段差収納システム
・収納したリールの保護性を高める「ハードリールプロテクター」
・立体成型「大容量ポケット」装備
・玉枠付き玉ノ柄の飛び出しを防ぐ「(玉ノ柄)ストッパーベルト」
・握りやすく滑りにくい2重成型ハンドル
・肩に優しく、つかみ易いグリップホール付き肩パッド
・内部には予備竿等を区分けできるセパレーター、ロッド固定ベルト、インターラインワイヤーポケット、多用途ポケット付き
・滑りにくく衝撃に強い2重成型ボトムカップ

 私が購入したセール品のがまかつロッドケース チヌスペシャルとの重さの比較では1.2kgも違う。でも単純な比較は無意味です。そもそもこのがまのロッドケース は、左右にロングタイプのポケットがあり、それ以外に外部のポケットが3つもある。まあそんなに入れるのかというと、どうなのかとも思いますが。ついでに素材も固いしチャックも増えてそれはそれは重くなります。かたやトーナメントライトロッドケース はポケットが片側のみ、全体的に内部にものを仕舞い込む形ですから。でもこのダイワの努力は見習って!がまかつ好きの筆者としては、がまかつに頑張ってほしい〜

おすすめの記事